【稽古日誌】1月16日 ウィトル ウィウス的人体図

2 レスポンス

  1. sasabe より:

    ダヴィンチのウィトルウィウス的人体図の表すように、手先の先端と足先の先端とを結んだ丸い線、この円から、ほんの3センチほど引き出されると、人の身体は容易に崩れます。

    この気付きは、単純ながら結構重要です。

    仮に、この3センチほどの引き出しを、一寸引きというなら、この一寸引きは相手の体を崩すには非常に有効な手法で、これを活用しない手はないでしょう。

    ただ、引き出す方法にミソがあり、そこに合気は有効な手段であると思っています。

    特に、今、練習している起こしの合気はそれにピッタリで、練習で見せたように、これを横方向に使うと簡単に相手の体を引き出せるのです。

    要は、限界線までの作りと起こしの合気の手使いということでしょう。

  2. 中江 潔 より:

    わかりやすい説明とご指導、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。